スポンサーサイト
2014.10.07 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
総務省「携帯電話ペースメーカーに影響なし」→鉄道会社「携帯電話オフ見直し」
2014.07.14 Monday 14:11

総務省「携帯電話ペースメーカーに影響なし」→鉄道会社「携帯電話オフ見直し」


 関西の私鉄や公営地下鉄が加盟する関西鉄道協会の鉄道事業者24社とJR西日本は25日、優先席付近の乗客に呼びかけてきた「電源オフ」の携帯電話マナーを変更し、7月から「混雑時には」と限定する形に見直すと発表した。 
「携帯電話が心臓ペースメーカーに与える影響は小さい」として総務省が昨年1月に指針を緩和したことを受けた措置で、鉄道各社で運用を統一する。 
一部の鉄道で導入されてきた「携帯電話電源オフ車両」もとりやめる。 
(略) 
 関西鉄道協会は「電源を切ってもらう根拠が薄くなってきた。 携帯電話が緊急地震速報など非常通報ツールになっていることを踏まえた」としている。 
阪急電鉄や能勢電鉄などで導入されていた「携帯電話電源オフ車両」も取りやめる。




まぁ情強の皆さんは携帯電話の電波が心臓ペースメーカーに影響がないことはすでに知っていたと思うが、ようやく総務省がそれを認め※1鉄道会社各社も「携帯電話電源オフ車両」も取り止めの方向に動き出しました。
 

ついでに言うなら「○○cm離せば安全、通話・通信をしなければ良い」といった話もデマであり※2携帯電話は基地局との通信を行っているため末端からの距離は全く関係ないそうです。
 

全くもう。

 
この様なデマを信じたペースメーカー利用者さんに、近くで携帯をいじられると死ぬんじゃないかと恐怖心を与え続けた総務省と鉄道会社の罪は重いと考えております。

その結果、ペースメーカー利用者と電車内での携帯電話を巡るトラブルが頻発しており暴力沙汰や電車の運行が止まる状況に発展することもあるそうです。
 

しかし、今回ペースメーカーに影響がないことを周知し続ければこのようなトラブルも減っていくことでしょう!
 

・・・が
 



 
ペースメーカー使用者らでつくる日本ペースメーカー友の会の日高進副会長は

 

「影響はないと会員に周知をしているが、周知は行き届いていないし、古くからの装着者の不安を拭いきれない。電源オフは継続してほしい」
 

と慎重な意見だ。

 
そして我らが横浜市は…
 
 
 
電源オフエリアをせっせと量産していた。
 


ペースメーカーに携帯の電波は影響ありません!!ともっと周知すべきだよねjk


 
※1、総務省のサイト上で携帯電話端末実機による測定を行ったところ、影響の発生はありませんでした。」としている。
※2、心臓ペースメーカーWikipediaより


 

| 塩原 | 福祉 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【神奈川】メンタルコミットロボット「パロ」で介護
2014.06.24 Tuesday 11:03
【神奈川】メンタルコミットロボット「パロ」で介護

見よこの愛らしい顔ッ!これが癒し系ロボット「パロ」だ!


 
ハロ元気♪ ハロ元気♪



お前じゃない!




癒しの介護ロボットーかながわ福祉サービス振興会

 神奈川県及び公益社団法人かながわ福祉サービス振興会では、一般社団法人かながわ福祉居住推進機構と協力して、認知症などの精神症状を有する方に有効性が期待されるアザラシ型のメンタルコミットロボット『パロ』を適切に使用できる者(パロハンドラー)を育成するために、下記の通りパロ研修会を開催致します。是非ご参加下さい!
メンタルコミットロボット「パロ」の研修会のご案内




デイサービスセンター、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、グループホームなどの高齢者向け医療・福祉施設を対象
との事であるが、自宅用に一つ欲しい所だ。





う〜ん、ちょっと悩むが2,980円くらいなら買ってもいいかなぁ〜^^




価格はっと…

 
1. 一般販売用 保証期間 1年 価格388,800円(消費税込み)
2. メンテナンスパック付 保証期間 3年 価格453,600円(消費税込み)




!?

38万〜45万!?

よし、今日はもう解散していいぞ^^;



「電動 ぬいぐるみ アザラシ」で検索っと(カタカタッターン!)



…1,500円でもあざらしの電動ぬいぐるみ売ってるじゃねーか


こっちの電動ぬいぐるみが302体買ってお釣りが来るぞ^^;



見よこの愛らしい顔ッ!





JUGEMテーマ:介護
| 塩原 | 福祉 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
介護福祉士の資格取得方法変更が(予定通りに)また延長!
2014.06.12 Thursday 12:38

介護福祉士の資格取得方法変更が(予定通りに)また延長!

 


 

 

介養協「じゃあ、いつやるか?」
 

 

厚労省・養成施設「今じゃないでしょ!」







厚労省「制度改正はする。するが、我々がその気になれば制度改正は…」





ごきげんよう。塩原です。

もしも貴方が介護職員だとしたら○○年から介護福祉士の資格取得方法が変わる!(ルートが一元化する)

と言った話を聞いたことがあるでしょう。

 


興味ないし初耳だぞ!という方に簡単に言うなら




全ての者が国家試験を受験し合格しなければ、介護福祉士資格を取得出来なくなり、

ついでに養成施設に行ってない者には実務者研修(450時間)となる研修が追加されます。

要は試験と、450時間無休で働くデスマーチが追加され取得が非常に大変となります。

 

おいおい、結構大きな変更じゃないか!変わるのか変わらないのかハッキリしてくれ。一体どうなってるんだ?


よく分かる流れ

1987年5月

介護福祉士国家資格として成立

 

 

 

2004年6月

厚労省 「量は確保できた、これからは質を高めてプロセスを一元化だ!」

厚労省検討会提言

 

 

 

2007年11月

厚労省 「よし2012年度から一元化だ!」

改正社会福祉士及び介護福祉士法成立

 

 

 

2012年4月

民主党 「やっぱり量も大事だよな、一元化は3年延期な」

一元化を3年延期する(2015年度から一元化)再改正法が成立

 

 

 

2014年2月

厚労省 「民主が2015年から一元化と約束したな。すまんあれは嘘だ。」

1年延期する法案を国会に提出

 

 

 

2014年5月

日本介護福祉士養成施設協会(介養協)「もう10年経ってるぞ!お前たちいい加減にしろ!!」

 

 



介養協は激おこです。

 

介護福祉士の取得方法 「変更延期には断固反対」団体が意見書−福祉新聞

http://www.fukushishimbun.co.jp/topics/4386



 

 

しかし、養成施設とまだ介護福祉士未取得の方はよっしゃー!って感じですね。

 

 

介護福祉士を取っていない介護職員の方々、これからは質の時代だ!と介護福祉士資格が取り難くなってしまいます。

 

が、まだ猶予はあります。

 

制度改革にまごついている間に未取得の方は取ってしまいましょう。

 



介護福祉士 「じゃいつ勉強するのか?」
 

 

林先生 「今でしょ!」


 

 

(・・・まぁこんな調子でずっと延長しそうだけどね)

 

| 塩原 | 福祉 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「障害」→「症」へ病名変更…日本精神神経学会 患者の不快感減らす狙い
2014.06.09 Monday 11:31
 はい、塩原です。久しぶりのエントリーです。
「障害」→「症」へ病名変更…日本精神神経学会 患者の不快感減らす狙い
 
2013年5月。アメリカ精神医学会の診断基準DSMが19年ぶりに改訂された。
日本もこのアメリカで作られた診断基準に従って診断しているため、日本にも多くの影響を与えた。
その影響の中の一つ、名称変更について幾つか紹介します。
 
>>米国精神医学会が作る精神疾患の診断基準「DSM※」が昨年5月に改定されたのを機に、関連学会で病名や用語の和訳を検討してきた。
「障害」が付く子どもの病名の多くを「症」に変えた。親子がショックを受けたり
症状が改善しないと思われたりすることに配慮した。
対人関係などに問題が生じるアスペルガー障害や、自閉性障害は、「自閉スペクトラム症」に統一。衝動的に行動しがちな「注意欠如・多動性障害」は「注意欠如・多動症」にする。
 大人に多い病気で、障害を症に変更した病名もある。動悸どうきや身震いなどの
発作を繰り返す「パニック障害」は「パニック症」に。体の性と自ら感じる性が一致しない「性同一性障害」は、より分かりやすい「性別違和」に変える。
※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://www.yomiuri.co.jp/science/20140528-OYT1T50126.html

 
精神疾患の新しい病名
学習障害→学習症
言語障害→言語症
性同一性障害→性別違和
パニック障害→パニック症
注意欠陥多動性障害→注意欠如多動症
アスペルガー症候群、自閉症→自閉スペクトラム症

 
一番大きな変更点と言うのは、自閉症・アスペルガー・広汎性発達障害等の障害を自閉症スペクトラム症という名前で統一したことだろう。
以前から纏めようと言う話があったのでようやくか…と言う気持ちと自閉症スペクトラム症って語感悪いなと言う気持ちだ
何なんだよスペクトラムってウルトラマンの必殺技かなにかか?
 
舌を噛みそうですよ自閉症スペクトりゃむ!
失礼、噛みました。
 
あと注目すべきは障害という言葉が消されている点。
「障害」の言葉が耳障りなので「症」に変えました^^
「症」という言葉が耳障りになった時また名称を変更するのでしょう
障害の名称変更に関してのエントリーを以前書いたので読むと幸せになれるかも知れません。
ではまたごきげんよう。
| 塩原 | 福祉 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
欧米にはなぜ寝たきり老人がいないのか→延命治療しないから
2014.02.26 Wednesday 11:51
欧米には寝たきり老人がいない!?



欧米に寝たきり老人がいない?そんなバカな!?
どういうことなの?


欧米にはなぜ寝たきり老人がいないのか  ヨミドクター -読売新聞より抜粋

ヨーロッパの福祉大国であるデンマークやスウェーデンには、いわゆる寝たきり老人はいないと、どの福祉関係の本にも書かれています。他の国ではどうなのかと思い、学会の招請講演で来日したイギリス、アメリカ、オーストラリアの医師をつかまえて聞くと、「自分の国でも寝たきり老人はほとんどいない」とのことでした。

一方、我が国のいわゆる老人病院には、一言も話せない、胃ろう(口を介さず、胃に栄養剤を直接入れるため、腹部に空けた穴)が作られた寝たきりの老人がたくさんいます。 不思議でした。日本の医療水準は決して低くありません。むしろ優れているといっても良いくらいです。

「なぜ、外国には寝たきり老人はいないのか?」

答えはスウェーデンで見つかりました。今から5年前になりますが、認知症を専門にしている家内に引き連れられて、認知症専門医のアニカ・タクマン先生にストックホルム近郊の病院や老人介護施設を見学させていただきました。予想通り、寝たきり老人は1人もいませんでした。胃ろうの患者もいませんでした。

その理由は、高齢あるいは、がんなどで終末期を迎えたら、口から食べられなくなるのは当たり前で、胃ろうや点滴などの人工栄養で延命を図ることは非倫理的であると、国民みんなが認識しているからでした。逆に、そんなことをするのは老人虐待という考え方さえあるそうです。

ですから日本のように、高齢で口から食べられなくなったからといって胃ろうは作りませんし、点滴もしません。肺炎を起こしても抗生剤の注射もしません。内服投与のみです。したがって両手を拘束する必要もありません。つまり、多くの患者さんは、寝たきりになる前に亡くなっていました。寝たきり老人がいないのは当然でした。

さて、欧米が良いのか、日本が良いのかは、わかりません。しかし、全くものも言えず、関節も固まって寝返りすら打てない、そして、胃ろうを外さないように両手を拘束されている高齢の認知症患者を目の前にすると、人間の尊厳について考えざるを得ません。

家内と私は「将来、原因がなんであれ、終末期になり、口から食べられなくなったとき、胃ろうを含む人工栄養などの延命処置は一切希望しない」を書面にして、かつ、子供達にも、その旨しっかり伝えています。(宮本顕二)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=60441
 



要は延命治療しないから寝たきりになる前に亡くなってしまうという事みたい

延命延命を繰り返す日本。
日本の平均寿命が長い理由が分かった気がします。
しかしそれと同時に、スウェーデンやフィンランドが福祉大国と言われる所以は、高齢者福祉の一番お金がかかる部分をスッパリ切り捨てているからこそそれ以外のところを充足できるのだなと納得。

どちらがいいとか悪いとかと言う話ではなく、物事には裏と表があると言うそんな話でした。
考えさせられますよね^^;


JUGEMテーマ:介護
| 塩原 | 福祉 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
障害者の外出支援制度見直し 横浜市民の6割超が賛成!? …な訳あるかい!!
2012.11.23 Friday 18:11
JUGEMテーマ:ガイドヘルパー

横浜市に怒り心頭である。


以前ブログで取り上げた、横浜市の外出制度見直し案について集計が公開されていましたので記事に致します。



「障害者の外出支援制度見直し案」に関する市民意見募集
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/shogai/gaishutsu/ikenboshu.html



産経ニュースでも取り上げられてました↓

障害者の外出支援制度見直し 横浜市民の6割超が賛成
http://sankei.jp.msn.com/region/news/121016/kng12101620540016-n1.htm


以下抜粋

>>障害者の外出支援制度見直し 横浜市民の6割超が賛成
>>見直しの対象となっているのは、身体や知的、精神障害者らが買い物や通学・通所、余暇などで外出する際に付き添いを頼める「ガイドヘルプ」や「ガイドボランティア」、市内の路線バスや市営地下鉄などを無料で利用できる「福祉パス」など5施策。
このうち資格を持ったヘルパーによるガイドヘルプは、外出目的の範囲を拡大する代わりに利用できる時間を短縮。同市から奨励金を受け取ったボランティアによるガイドボランティアは、奨励金を減額する。また、福祉パスは無料をやめ、年3200円の利用者負担を求める。

これに対し、市民の意見では制度全体の見直しについて「よく理解できる」「おおむね理解できる」を合わせると63・5%で6割を超えた。


 

横浜市民の6割超が賛成しました。

と言っているようだが…






騙されるな!!



 

市民は賛成なんかしておりません。

横浜市の言っていることを理解できる。と言っただけである。

えっ? 同じじゃん?

と思われるかもしれないが、違うのである。

横浜市の行なった設問を下記に転載したので見て欲しい。


【設問】
・障害者の外出支援制度は、市民の税金によって運営されています。
今回、横浜市では、対象範囲の拡大など、必要な人に必要な支援が行われることと、ある程度の負担や制限によって、持続可能で安定した制度となることのバランスを重視しながら制度全体の見直しを考えています。
この考え方について、どう思いますか(いずれか一つ)

よく理解できる          おおむね理解できる
あまり理解できない        全く理解できない


 

これが原文ママの設問である。

この設問は卑怯だとは思わないだろうか?

全くもってフェアではない。



まず、市民の税金で運営しています。とか言う枕詞。
この一行目必要ないよな。
と言うか、この文を入れることで特定の答えに誘導するテクニックじゃないか。

ここ以外にもチラホラ財政が圧迫してきたので制度の見直しが必要であることを匂わせ、

そして、設問の答えも「賛成」・「反対」でなく、「理解できる」・「理解できない」

これでは見直しの内容には反対だが、言っていることは理解できる。
と言う人は理解できるにチェックを付けざるを得ないのである。


こんな風に聞かれたら、多くの人は理解できるにチェックを付けるのは当たり前ですやん。

設問を理解できるか理解出来ないかではなく、見直し内容が賛成か反対かを問うべきじゃないのか?


そのくせ、集計時には、理解できる=賛成 理解できない=反対 で集計しているのだからたちが悪い。文字通りの確信犯である。

http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/shogai/gaishutsu/houkokusho.pdf
(※pdf注意)

それで、多くの市民の賛成を得られたので制度を変えますね( ^ω^ )ニコニコとかやられたら溜まったものじゃない。

どうせ出来レースだったのだろうが…

 

汚いな。さすが横浜市きたない。


なるほど!バカな市民を言いくるめるにはこの手があったか!!

と膝を打った他自治体の方々は民意を操作する際、是非ともマネをして欲しい。


勿論これは横浜市の障害福祉課長様へ向けた皮肉である。


もういっそのことこうアンケートを取ればいいんだよ。



【設問】制度改正に賛成しますか?

,呂ぁ∋神します。 △いい─反対しません。



うん、これなら潔いなw

横浜市様、形だけでもアンケートを取って頂きありがとうございました。


| 塩原 | 福祉 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/7 pages next→
Search
Links
Profile
Recommend
Recommend
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
amazon
web拍手
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
・管理者ページ